この企画を運営するに当たってご協力いただいた方々です。

機材提供


楽曲提供アーティスト




XICACIN

2004年結成。下北沢のライブハウスを中心に活動するロックバンド。2008月2月、SugarCallとの2マン全国ツアー『Sons Of Sounds』を実施。下北沢MOSAiCでのツアーファイナル2マンライブでは初のSOLD OUTを記録し、両バンド合計200人以上のファンの前で30分のステージを演奏する。また2008年5月には渋谷O-WESTにてライブを行う。なお現在は活動休止中となっている。




TASMANIAN BABY

2008年4月に結成のメロディックパンクバンド。2009.1.9に池袋MANHOLEにて自主企画「CREEPING step.1」を、2009.5.22には池袋MANHOLEにて自主企画第2弾である「CREEPING step.2」を開催。10/25からASSHOLE UNITEとの全国ツアーを予定。今後大注目のバンドである。なお、音源はライブ会場または、知る人ぞ知るインディーズCD専門店として埼玉熊谷にあるモルタルレコードや、仙台のRED HOUSEにて発売中である。  


MOONWALK STREET

東京発のメロディック・ハードコア・バンド。1stDEMO、2ndDEMO、3rdDEMOと三種類の自主制作音源を作り総計2000枚を売り上げ、2008年6月から47都道府県完全制覇ツアーと言う大行司を成し遂げる。精力的なライヴ活動やオムニバスへの参加などで着実に動員数を伸ばし、遂に2009年2月1st Mini Album『DIET DEATH COUNT』を全国リリース。そのリリースツアーである『DIET DEATH COUNT TOUR』を2009年6月.6日、新宿ACBで終える。華麗なメロディ、高速ビート、鋭い声と、まさに三拍子揃ったモハメド・アリのようなバンドであり、聴く者にメロコアの原点を思いだせてくれるに違いないであろう。なお、音源は全国のTOWER RECORDS,HMV,インディーズCD取扱店等で発売中である。


RIGHTNING-V

2005年に結成。メロコア界のエメリヤーエンコ・ヒョードルになれ!というスローガンの元に大阪を中心にして活動をスタート。心斎橋のパンク名門ライヴハウス新神楽を拠点に精力的にライヴ活動を展開。1stシングル「Someday」がメロコアNo,1通販サイト、indiesmusic.com 週間セールスチャート1位を獲得し、2008年上半期セールスチャートでも4位を獲得したメロコア界の超新星バンド。2008年6月には待望の1stミニアルバム『For oneself,For you,For now』をリリースし、それに伴う全国ツアーを大盛況のまま終える。また、今年10/21には2ndミニアルバム「MY SONG」をリリース予定である。美メロかつ巧みなコーラスワーク、そして痛快なギターサウンド!ポップなメロコア・ワールドを展開する。なお、音源は全国のTOWER RECORDS,HMV,インディーズCD取扱店等で発売中である。