二〇〇一年十月十三日、
第二回矢上祭は開催されました。
第二回に際して私達が掲げたテーマは、

祭先端
〜古き良き祭と慶應理工のテクノロジー〜


というものです。
社会の欧米化、デジタル化が著しい昨今、
人と人との交流や暖かさといった、
人が忘れかけていたものを再び感じたい、
また来場者の方々にも感じてもらいたい、
そう思ってこのテーマを設定しました。

矢上祭を通して、
理工学部の塾生には伝統文化を、
一般の来場者の方には先端技術を、
提供できたのではないかと考えています。

少しでも当時の雰囲気を感じていただけたら幸いです。

トップへ戻る
一、企画紹介
当日行われた各種企画を、場所ごとに整理してお伝えします。

ニ、冊子、宣伝用掲示物
当日配布されたパンフレットの表紙と、事前に校内及び周辺地域に掲示されたポスターの図柄を紹介します。

三、担当者一覧
第二回矢上祭における各部門の担当者を紹介します。