【特別企画第1弾】真壁利明理工学部長インタビュー[1/3]

去る8月某日、夕立の雷鳴がかすかに聞こえる中、真壁利明理工学部長・理工学研究科委員長へのインタビューを行った。昨年度のインタビューLink では就任直後に学部長としての抱負を伺ったが、それから約1年が経過した。

今年2008年は慶應義塾創立150年、さらに6年後には理工学部創設75周年を迎えるが、この先理工学部はどのような方向に歩もうとしているのであろうか?その中で矢上祭に期待されるものとは?矢上キャンパスを率いる真壁学部長に直撃した。

これからの「理工学部」~グローバル化と多様化の中で~

――― 学部長就任から1年と数ヶ月、一教員であったときとの違いをどのような点で感じますか?

皆さんが日常、目にし耳にする大学に関する記事には、大学教員の教育と研究と社会貢献について、その質と量をともに問うものが多いですね。私は去年の4月に学部長に就任するまで電子工学科の教員として、この3つを「プラズマナノテクノロジー」分野で行ってきました。ところで、この矢上キャンパスでは、およそ280名の専任教員と、これとほぼ同数の非常勤の先生方が150名近い職員の皆さんとともに、2000名の学部3・4年生、1800名の修士・博士課程の大学院生の教育と研究、またこれに関連した社会活動に日々活動しています。キャンパスの中で、すべてのことに責任がある立場になるということは当然ですが、専門分野をもって活動していた時代と比べて大違いですね。

21世紀のいま、教育グローバル化が急速に進みつつあります。欧米諸国にいても、我が国にいても、同様の教育が受けられるシステムへ移行しつつある、歴史的に見ても非常に大きな変革の時期です。同時に、地球温暖化に代表されるように「地球環境の保全」と、「持続的発展」いうキーワードで表現される時代背景のなかで理工学部を運営しています。もっとひろく人類の21世紀というのが、一体どういう科学技術の時代かと問われると、私としては「こんな時代ですよ」というよりはむしろ、科学技術の発展の方向が多様性に満ちた時代と認識しています。教育グローバル化と、科学技術の多様性と高度化の下で、どういう風に今後の塾理工学部と大学院理工学研究科が進んでいくべきかを学部長になってから深く考えるようになりました。

――― グローバル化と多様性の時代、理工学部はどのように進んで行くのでしょうか?

これから10年、15年先に科学技術が色々な方向に発展していくとき、それを受け止め中心となって各方面で活躍できる柔軟な力がわが国には欲しいわけです。そのために世界トップクラスの教育・研究拠点としてのキャンパスのプラットホーム―教育のプラットホーム、研究のプラットホームなど―の再整備の時期だと思っています。これをソフトとハードの両面から行おうとしています。このためにリノベーション会議を設け青写真を描いています。

矢上キャンパスのシンボル:創想館
矢上キャンパスの玄関14棟は「創想館」とも呼ばれる.

第2回(慶應義塾150年と「理工学部」に続きます.)Link

— posted by 小泉@広報局長 at 11:10 pm  

秋のオリンピックセンター会議

はじめまして!!委員長の小林正和です。

副委員長・広報局長・編集長が続々と投稿するなか、遅ればせながら登場させてもらいます。

さて、タイトルにもあります通り、9月8日にオリンピックセンターで会議を行ってきました。そこで、軽くオリンピックセンターでの会議について説明します。

私たち実行委員は、春3月と秋9月の年二回、オリンピックセンターで会議を行っております。この会議は、毎週金曜日に行っている定例会議とは別箇のものとされており、最大の目的は普段の会議での進行状況をお互いに発表するというものです。

3月の会議では、4月に新1年生を受け入れる前の最終確認としての色合いが強いのですが、9月の会議は本番まで残り1か月という時期なので、より当日をイメージしながらの会議となっています。

そんなオリンピックセンター会議では、ある催しが並行して行われています。それは…「矢上祭クイズ」。副委員長が作ったこのクイズは、「講演会には誰が出るんですか?」や「花火は何時から始まるのですか?」など、来場者からの質問を予測したものとなっています。したがって、このクイズを解答し終えた委員は、ある程度の質問には答えられるようになっているのです。

また、会議で行われる委員のプレゼンの端々にクイズのヒントとなる情報が隠れているため、プレゼンを聞いていくにつれて、少しずつクイズの解答が明らかになっていき、最後までプレゼンに対する集中力が切れないという効果もあります!!

オリセン会議の風景
オリセン会議は年に2回(春・秋)に行われます。みんな真剣!

さあ、矢上祭まであと1ヶ月となりました。今回のオリンピックセンター会議で共有し合った情報をもとに、最後の最後まで最高の文化祭を作るために奔走していきたいと思っております。どうぞ、お楽しみに!!

— posted by 小林@委員長 at 02:43 am   commentComment [1]  pingTrackBack [0]

企画紹介制作中!

こんばんは、小泉@広報局長です。

本祭まであと1ヶ月と少し・・・矢上祭当日の企画もある程度決まって来ました。でも、まだホームページ上の企画紹介はアップロードされていませんね(++!)

この企画紹介は、現在鋭意制作中です!来週中にはようやく矢上祭当日の全貌がWebからも見られるようになる・・・予定です。

詳しい内容はこうご期待ということにして、ここでは今年の矢上祭における本部企画を、ほんのちょっとだけご紹介します:)

もっと読む»
なんか表示がIEだと激しく乱れていたようですね。。失礼しましたf(--;

ステージ企画・ゲストバンド等

  • 女装コン:去年ミニステージで大人気だった企画がメインステージで再登場!
  • 理系美人:理工学部限定のミス・ミスターコンテスト。栄光のミス/ミスター矢上は誰だ!?
  • JADE / Revolve / es / ザ・アカウンター:塾内のダンスサークルによるパフォーマンス
  • MAYUMIGRACELink :歌とダンスパフォーマンス
  • Cure RubbishLink :繋がりをテーマに路上で活動
  • StylersLink :フリースタイルフットボールパフォーマンス
  • その他は詳報を待て!

室内企画

  • 講演会:先日**に行った機械科OBのアノ人や、大手広告企業の方などをお招きします。
  • 研究室を見に行こう:矢上キャンパスで行われている最先端の研究内容を紹介。学部1年生や3年生も必見!
  • お化け屋敷2008~狂気の館~:ワンフロアをすべて使うお化け屋敷。PV、内容すべてがスケールアップして矢上祭に再来。
  • むしむしランド:少年時代、虫取りに行った思い出はありませんか?あの頃の思い出が、今蘇る
  • その他は詳報を待て!

屋外企画

  • ミニステージ:昨年初登場し「女装コン」を生み出したミニステージが今年も登場。今年も、模擬店出店団体同士の戦いなど、アツイステージが期待できそうだ。
  • フットサル大会:昨年度から更に増加し、総勢40チームが頂点を争う。頂点に輝くチームはどこだ!?
  • 打ち上げ花火:今年もやります。矢上祭のフィナーレとなる花火。秋の夜空を約100発の花火が彩ります。
  • 模擬店・フリーマーケット:学園祭といえばやっぱりこれ!今年も様々な味が楽しめますよ♪
  • その他は詳報を待て!

・・・とりあえずこんなところでしょうか?(紹介文は筆者の独断です:))個々の企画に関する詳細は、そのうち各局長さんや担当者に語って貰うことにしましょう。

— posted by 小泉@広報局長 at 09:23 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

パンフレット

こんにちは!広報局三年、第九回パンフレット編集長の中谷です。

近頃、委員みんな準備で忙しくしていますが、パンフレット制作は現在が佳境です。

今、各企画担当者からもらったデータを元に、当日配布するパンフレットを作っています。

って言われてもピンとこない方もいらっしゃると思うので、実際に画像を見てみましょう。

print

うん、まぁよくわかりませんね。(笑)

とにかく、今パンフレット作り頑張っているので、当日の配布を楽しみにしていてください!

— posted by 中谷@パンフ編集長 at 05:02 pm   commentComment [2]  pingTrackBack [0]

『イベント学会』に参加してきました

初めまして、副委員長の中川です!情報工学科の3年生です。どうぞよろしくお願いします。

イベント学会に出席してきました。

今日は早慶上智合同企画(注)の一環で、『イベント学会@上智大学』に参加してきました。イベント学会というのは、社会に求められているイベント像やその成功例について、アカデミックに研究発表する団体です。記念すべき第10回目の学会ということで、早慶上智の学園祭ブースを出展させていただいたのでした。

展示ブースの一覧。まわりが蒼々たる感じになっています。

一流企業の中にポツンと学生がブースを出していたためか、多くの方に興味を持っていただき、たくさんの感想をいただきました。中には『私も学園祭に絡んでいたことがあるんだけど、実は・・・』といった、裏話もチラホラ・・・(ここには書きません:-P

他にもイベントに関する講演会やディスカッションを聴講させていただき、改めてイベントの意義について考えさせられました。特に心に残ったのがイベントの3つの要素についての話です。

  • イベントは特別な情報環境である。
  • イベントは非日常的である。
  • イベントは計画的である。

詳細はここにはとても書ききれないので、個人的に聞いてください(笑)

ブース展示のあとにはレセプションパーティーが催されました。会場にはイベント業界の大物の方がたくさんいらっしゃり、とてもとても話しかけることができず・・・ヘタレです、ごめんなさい^^;ただ何人かの方には声をかけていただき、貴重な話を伺うことができました。

こういった貴重な体験ができたのは学園祭実行委員をやっているからこそ。企業に負けず、学生もおもしろいイベントを企画しているんだ!!ってことをもっとアピールしていきたいですね!\(^0^)/

展示ブースの様子

このような素敵な機会を設けてくださった上智大学の皆さん、そして師岡先生、ありがとうございました。

イベント学会ホームページLink

(注)早稲田大学早稲田祭、上智大学ソフィア祭、そして慶應義塾大学矢上祭が合同で行う企画。特に広報活動に力を入れており、打ち水イベントへの参加や高校での進路相談会などを行っています。

— posted by 中川@副委員長 at 01:15 am   commentComment [3]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0919 sec.
2008.9
SMTWTFS
 1234 5 6
789101112 13
14 15 1617 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30